会計業界の最新動向・トピックス

Home > 会計業界業界動向

img01
  • btn_tenshoku01
  • btn_tenshoku02

トップ会計人が語る

会計業界 トピックス

会計業界 最新動向

ここ数年間で公認会計士を取り巻く環境は激変しました。その一番の原因となったのが、2006年の会計士試験の新試験制度の導入だと言っても過言ではないでしょう。そして、2008年のリーマンショックが追い打ちをかけました。その影響から監査法人の業績が悪化。かつて安泰と言われた監査法人が史上初の人員削減を行うまでに至りました。今では、ピーク時と比較し、会計士試験合格者の数もかなり落ち着きを見せるようになりましたが、公認会計士がかつてのようにプレミアム感溢れた資格ではなくなったのは事実です。これは公認会計士だけではなく、同じく難関国家資格の一つであった弁護士にも言えます。つまり、資格だけでは生きていけない時代になったと言えるのです。

公認会計士業界の最新動向の続きを見る

税理士は「税」という、法人にとっても、個人にとっても深く関係する業務に携わるプロフェッショナルであり、これまで必要不可欠な存在として、安定した地位と役割を果たしてきました。特に、日本企業の国際化、会計税務の法令の複雑化、相続税を始めとした個人資産を取り巻く環境変化に伴い、よりレベルの高い業務対応を迫られる機会も増え、ますます税理士の存在感が大きくなってきていると言えます。

税理士業界の最新動向の続きを見る

メール配信のご案内

今なら、経理・会計士・税理士の転職動向レポートをプレゼント!

無料 カイケイ・ファン転職&業界動向メール

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク